成長ホルモンを活性化してくれるアルギニン


最近話題の育毛成分の一つといえばアルギニンです。アルギニンはアミノ酸の一種で育毛薬に多く配合されています。アルギニンの育毛効果とは一体どの様なものでしょうか。

 

アルギニンが育毛効果があるといわれている要素は、成長ホルモンの分泌を促進する作用があるからです。成長ホルモンとは、まさに体の成長を促す働きのあるホルモンです。

 

つまり成長ホルモンの分泌がうまくなされないならば、体の成長や新陳代謝がうまくいかないことになります。私たちの肌が荒れてきたり、成長期の子供であれば身長が伸びないということもあるわけです。

 

この成長ホルモンが多く分泌されるのは夜です。夜10時から夜中2時ごろがもっとも分泌される時間といわれています。昔から「寝る子は育つ」といわれていますが、まさにその通りなのです。睡眠は大切な要素の一つなのです。

 

この時間帯に寝ることによって、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンの効果を最大限に引き出すことが出来、体の成長や肌の再生に作用するのです。

 

アルギニンで育毛を促進

アルギニンと成長ホルモンの分泌に密接なつながりがあることはおわかりいただけたでしょう。ではアルギニンを取り入れることが育毛とどの様にかかわっているのでしょうか。

 

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促しますので、頭皮にアルギニンを投与することによって、髪の成長を促す助けをしてくれるのです。特に今まで成長ホルモンが原因で薄毛になっていた人は、アルギニンを含んだ育毛剤を用いることで大きな改善を期待することも出来るでしょう。

 

またアルギニンは新陳代謝を促す作用もありますので、頭皮の血行をよくして頭皮の隅々まで栄養が行き届くよう助ける働きも期待できます。頭皮の血行が悪くなるならば、頭皮に栄養が行き渡らず抜け毛の原因となります。

 

普段からアルギニン配合の育毛剤でケアするとともに生活習慣にも注意を向けることは、抜け毛予防の大切な要素です。

本当に効果のある育毛剤


M字型薄毛対策専用育毛剤プランテル


M字型薄毛対策専用育毛剤プランテル


M-1発毛育毛ミスト


M-1発毛育毛ミスト


BUBKA(ブブカ)


BUBKA(ブブカ)


このページの先頭へ戻る